--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
05.24

白鳥の湖

Category: Entertainment
今日は待ちに待ったK-Balletカンパニーの神戸公演
熊川さんがケガをされてから、関西では初めての復帰公演。
大丈夫なんかなぁ~って思ってましたけど、心配はご無用だったみたいです
今回の席はA席ということもあり、3階席でしかもカーブの付近であまり良くなかったんですが、上からバレエを観るというのもなかなかいいなぁと思いました。
なんでかっていうと、白鳥はコールドの美しさっていうのも特徴のひとつだと思うんですが正面から観るのと、上から観るのとではやはり印象が違う!
以前白鳥を観たときは正面から観たので白鳥たちが重なりあっていましたが、上からだとフォーメーション(・・・なんていうんでしょう?)が良く分かって、こう動いているんだ~というのがよく分かっておもしろかったです。
やはり今回も感動でした~
休憩あけてすごく盛り上がる3幕、そして一転して幻想的な雰囲気の4幕。
私は2幕でもそうですけど、コールドの白鳥たちが出てくるとすごく神秘的で幻想的でうっとり、かつ崇高な感じを受けます。

荒井さんのオデットは正直、あまりこれといった個性や特徴がないかな~って思いましたが、オディールはハマってたような気がします。
あくまでバレエ超初心者の意見ですけど
そしてやはり熊川さん!
もう本調子なんだろうか、とか余計な心配してましたけど、「ほんとにケガしてたの!?」って感じでした・・・
ジャンプは高いしキレはあるし。
会場もめちゃくちゃ盛り上がってました
ヴィヴィアナ、康村さん、荒井さんと3人のオデットを観ましたがやはり私的には康村さんのがもう一度観てみたい!
今回の公演、康村さんだと思ってたんですが、出産で休養中とのことで残念です・・・。
早く復帰して、あのなが~~~い手足としなやかな踊りを見せてほしいな


関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。