--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
07.11

機織り

Category: Life
先日、友達と機織りの1日体験教室に行ってきました。
何百種類もある糸を好きなだけ選んで、好きなものを作れるんです。
広々とした教室は機織りの機械がたくさん並んでいて、私たちが到着したあとも若い女の子たちが続々とやってきていました。
糸を巻く作業から織り方を教えてもらい、いざ!

友達はショールを織る、と言っていて、私もそうしようかな?と漠然と決めたんですが・・・
糸選びで失敗しました
自分のイメージでは、グリーンのグラデーションにして、間に差し色を入れようと思ってたんで、濃いグリーンの糸を選んだんですが、巻かれた状態で見るとすごくきれいな色だったのに織ってみると・・・!
まるでゴルフ場に張ってあるネットのよう
途中、ラメ糸などを入れたり、ピンクの綿を挟んだり、反撃をもくろみましたが出来上がった品は・・・
「これは・・・蚊帳?
なんか、ズタボロなんです(笑)

もともと丁寧な性格ではない私。
家庭科や美術の授業では、さっさと作品(ボロボロ)を仕上げて残りの時間遊んでいました。
コツコツやるのが性に合わないんです。
ふと織り終わってまわりを見渡すと友達も含めみんなちょっとずつ確認しながら丁寧に織っています。
その中の一人、ちょいロックなおねーちゃんがいたのですが、すごく独創的なセンスで変わったものを織っていて、想像力に乏しい私は心底羨ましくなりました

出来上がったものはショボイけど、そこの館長さんのお話もおもしろいし、鶴の恩返し気分は味わえるし、すごく楽しかった

今度は、母を連れていってあげたいなぁ。

私のショボイ作品をご覧ください。
なるべくマシな部分を前にして撮ったので、実物はもっとズタボロです。
(※フォローのコメントは、ご遠慮ください
機織 005






関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。